ターゲット設定

今は、スマートホンの普及により、

どこでも、いつでもお部屋探しが可能となっています。

自分好みの物件を、自分で探してそこから、業者に問い合わせる。

インターネットの中には、多くの物件があふれています。

そんな中で、自分の物件を選んでもらうには、

ここに住みたい。

または、現入居者に住み続けたいと思われる物件作りが必要です。

では、どうすればそのような物件作りができるのでしょうか。

ひとつは、どういった方に住んでほしいかを

明確にすることではないでしょうか。

そこから、その人に入居してもらうには、

どのような部屋作りをするかを考えます。

ご自分の物件が、どのような入居者にむいているのか、

物件の所在地がどのような場所なのか、

どのような人がすんでいるのか、

一度、新たに分析し直してみてはいかがでしょうか。

そして、ターゲットを絞っていく。

まわりに似た物件が多いと、

結果、価格競争にまきこまれ、

納得いく賃料が得られない。

それよりかは、

ここに住みたい!と思われるお部屋づくりをして、

それなりの賃料で、長く住んでもらう。

私たち管理会社も、

日々変わる社会の様子に、

常にアンテナをはって、

その都度対応できる柔軟性が

必要です。

ココカラ賃貸/タイカツホーム→https://www.taikatsu.co.jp

投稿日:2018/08/09   投稿者:-